スポーツ外傷・障害の痛みを再生医療で治すには

靭帯の損傷、関節軟骨の損傷(傷離断性骨軟骨炎、距骨骨軟骨損傷)の初期に適切な治療を行わないと痛みや関節の不安定感といった後遺症が残ったり、また捻挫の反復の原因にもなります。
特にスポーツ選手にとっては常に最高のパフォーマンスを発揮できなくなります。
最先端医療技術の再生医療では、損傷した靭帯や軟骨(離断性骨軟骨炎、距骨骨軟骨損傷など)修復や改善を促します。
手術にとって変わる最先端の治療として現在注目されています。
また、早期の機能回復を目指して、個々に合わせたリハビリテーションも提供することができます。

幹細胞の点滴投与(静脈注射)

自己脂肪由来幹細胞は、損傷した組織に働きかけ組織を修復する性質があり、弱った部分に直接幹細胞を送り込むことで修復を促します。
関節や筋肉の疾患には、直接注射をすれば幹細胞は患部へ到達しますが、体内の臓器には直接注射をすることは出来なく、血管をたどってしか到達できません。
この点滴投与に対して認可を受けている医療機関がとても少ない実情がありますが、スポーツ外傷の治療を目的とした再生医療を受けることが可能です。

スポーツ外傷・障害に対して期待される効果

スポーツ外傷を対象とする再生医療においては、関節軟骨や半月板の再生を目指す研究も進められています。また実際に治療に再生医療を用いられているケースが増えています。
特に靭帯の損傷、関節軟骨の損傷(傷離断性骨軟骨炎、距骨骨軟骨損傷)の初期に適切な治療を行わないと痛みや関節の不安定感といった後遺症が残ったり、また捻挫の反復の原因にもなります。
スポーツ選手にとっては常に最高のパフォーマンスを発揮できなくなります。
最先端医療技術の再生医療では、損傷した靭帯や軟骨(離断性骨軟骨炎、距骨骨軟骨損傷など)修復や改善を促します。
手術にとって変わる最先端の治療として現在注目されています。

効果①自己の細胞による再生

幹細胞は臓器や皮膚、骨や筋肉にもなり得る細胞です。
この性質を利用し、自身の幹細胞を培養して投与することで身体がダメージを受けている部分を再生できる可能性があります。
自身の血液や脂肪を利用するため、アレルギーや拒絶反応といった副作用の心配はありません。

効果②高い安全性

再生医療はその計画を厚生労働大臣に提出し許可を受けた施設でしか治療は行えません。

効果③身体への負担が少ない

ごく少量の脂肪をとるだけなので脂肪の少ない方や、高齢の方でも治療ができます。

再生医療に向いている方

  • 慢性化してしまった症状を完治させたい方
  • 薬剤アレルギーが心配で治療ができていない方
  • 定期的にステロイド治療を続けている方
  • スポーツしていて早期治療を希望する方
再生医療とは?