糖尿病予防に効果がある飲み物は?水を飲むといいって本当?

2019.11.24

カテゴリー: 糖尿病

糖尿病の飲み物(水)

糖尿病治療には「食事療法」が絶対に欠かせませんが、忘れられやすいのが「飲み物」です。飲料水として摂取する1日に必要な水分量は、成人で約1リットル程と言われます。

「食事療法」の基本的な考え方はカロリー(エネルギー)を必要以上にとらないことですが、清涼飲料水などの飲み物にもカロリーがあります。飲み物も食事や間食と同様に、1日の摂取エネルギー量の中に含めて考えなければいけません。

飲み物のカロリーに注意を払うだけではなく、糖尿病予防に有効な飲み物はあるのでしょうか?今回はそんな疑問にお答えします。

糖尿病の発症に影響する飲み物

糖尿病の飲み物(コーヒー)

40~59歳の約3万人の男女を対象とし、清涼飲料水を飲む量や頻度と糖尿病の発症リスクを約10年間追跡した研究があります。その結果は、コーラや果汁飲料などの清涼飲料水を飲んだ量が多い人ほど、糖尿病の発症リスクが高かったというものでした。

それでは、清涼飲料水が糖尿病の発症リスクを高めるのはなぜでしょうか?

果物をそのまま食べた場合と果汁飲料を飲んだ場合を比較すると、果汁飲料を飲んだ場合の方が急激な血糖やインスリン濃度の上昇につながります。その結果、耐糖能に異常が生じ、インスリン抵抗性にもつながります。インスリン抵抗性とは、インスリンが正常に働かなくなることを言います。つまり、果物は飲料として摂取した方が糖尿病の発症リスクが高くなるのです。

他にも清涼飲料水には糖尿病の発症リスクを高める要因があります。1日の摂取エネルギーに清涼飲料水のカロリーを考慮しなかった場合、余剰のエネルギーを摂取することになります。

その結果、糖尿病の危険因子の一つでもある肥満につながります。肥満になると体脂肪だけでなく、内臓脂肪量も増加します。内臓脂肪量が増加すると、インスリン抵抗性につながります。

また、清涼飲料水の甘味に使用されるフルクトースは内臓脂肪量の増加に影響し、血中尿酸値を上昇させます。その結果、肥満や糖尿病を悪化させます。このような理由から清涼飲料水の過剰な摂取は避けなければいけません。

糖尿病は水をたくさん飲むといいの?

清涼飲料水にはカロリーがあるので、水を飲めばいいのでしょうか?また、糖尿病の初期症状の一つに「飲水過多」と「多尿」という症状があります。なぜこのような症状が出現するのでしょうか?そのメカニズムを簡単に説明します。

糖尿病になると肝臓で蓄積された糖分が血液中に流れ出します。血液中の糖分が増加すると、それを薄めるために体組織から水分が流れ出ます。その結果、体組織は脱水状態になり、水分を欲します。

逆に、増加した血液の量を調節するために、たくさんの尿が排泄されます。このようにして「飲水過多」と「多尿」の症状が出現します。

このような状態でたくさんの水を飲んでも、尿から糖が排泄され、体の中で糖が放出され続ける状態に変化はありません。それを調整しない限り、体内の糖分は減少し、脳が空腹と誤認してしまうのです。カロリーがない水を水分摂取としてとることは良いことですが、水をたくさん飲めば糖尿病が改善するわけではありません。

糖尿病予防に効果的な飲み物

糖尿病予防に効果的と言われる飲み物を3つ紹介します。

 

糖尿病予防に効果的な飲み物①コーヒー

一つ目はコーヒーです。コーヒーを毎日1~2杯ほど飲む習慣のある人は、コーヒーに多く含まれるクロロゲン酸がすい臓の働きを高め、2型糖尿病を予防することが報告されています。ただし、砂糖やクリームには注意が必要です。

 

糖尿病予防に効果的な飲み物②牛乳

2つ目は牛乳です。たんぱく質を豊富に含む牛乳を朝食にとると、食後の血糖値の上昇が抑えられます。さらに、昼食後の血糖値の上昇や食欲も抑える効果があります。牛乳に含まれるたんぱく質のカゼインとホエイプロテインが炭水化物の吸収を遅くし、食欲を抑えて満腹感を得やすくします。

 

糖尿病予防に効果的な飲み物③昆布水

3つ目は昆布水です。昆布には水溶性の食物繊維がたくさん含まれています。食物繊維の一種であるアルギン酸には血糖値の上昇を抑える働きやコレステロールや血圧を低下させる作用もあります。5㎝ほどに切った昆布を水の入ったビンなどに入れ、一晩おくだけで誰でも簡単に作れます。

まとめ

糖尿病の「食事療法」について考える際は、「飲み物」も摂取エネルギー量に含めて考えなくてはいけません。清涼飲料水の飲み過ぎは糖尿病の発症リスクを高めるので、過剰な摂取は控えましょう。水のカロリーはありませんが、たくさん飲んでも糖尿病の改善にはつながりません。飲水量は適量にしましょう。

コーヒーや牛乳、昆布水などは糖尿病に効果的な飲み物と言われています。特に、牛乳は朝に飲むと1日を通して血糖値を下げるのに効果的です。糖尿病予防に忘れられてしまいがちな飲み物ですが、今回の内容のように糖尿病予防においてとても重要です。「食事療法」と合わせて、糖尿病を効率よく予防しましょう。

このカテゴリーの最新コラムはこちら

前後のコラムはこちら