薄毛の改善・予防方法

現在のAGA治療は内服薬や外用液を使って治療する方法や育毛メソセラピーなどで頭皮に直接育毛成分を注入する方法など様々な方法があります。

外用薬 内服

AGAの治療方法で最も一般的なのが内服治療。現在ではフィナステリドやデュタステリドと呼ばれる内服が主流です。
ヘアサイクルの乱れを正常に戻す効果が期待できます。このほか外用液として多く用いられているミノキシジルを含有した内服薬もあります。
外用薬のミノキシジルは有効成分の濃度が高いものは医療機関で扱っている場合があり、成分の濃度が高ければ、有効性も高くなると考えられています。
※効果は個人差がある。

メソセラピー

育毛や発毛に必要な栄養・薬剤を頭皮の内部へ直接投与する治療法です。
主にAGA治療薬やビタミンなどが頭皮に注入されます。最近では針や注射器を使わずに電気パルスを用いた手法で行われることもあります。

自毛植毛

自身の後頭部などの、AGAの影響を受けないとされる毛組織を脱毛箇所へ移植する治療法です。
術後の髪の定着率は高いとされているものの、頭部に関わる外科手術のため合併症などのリスクがあると言われています。
※合併症などのリスクあり。

HARG療法

メソセラピーと同じく頭皮に直接注入する治療法です。メソセラピーは皮下に直接薬剤を注入する療法全般を指しますが、HARG療法は幹細胞から抽出した成長因子を使用するという特徴があります。
ただ、他人の脂肪細胞を培養して抽出した成長因子を使うので副作用の心配があります。
※他人の細胞を培養して抽出した成長因子を使うため副作用の可能性がある。高い効果が期待できる。

毛髪・薄毛(AGA)を再生医療で治すには